忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




『第2営業部の目的』
Papeterieという名前の青い宝箱に入っているアイテムを3つ、道中にいる敵を避けつつFilchaflik(入り口付近にいるゴブリン)に届ければクリアとなるダンジョンです。
第2営業部はソロでクリアすることも可能ですが、慣れていないうちはできるだけ大人数で行ったほうが成功率は高いです。慣れていても、ソロで行くより2人で行くと安定してクリアできます。

『突入からクリアまでの流れ』
1.ジョブチェンジやアイテムなどの準備
2.タビュラを作成、または下層H-9にいるDuplidocから人のタビュラを500ギルでコピー
3.タビュラトレード前にリレイズ・プロシェル・ブリストなどを済ましておく(強化持ち込み可
4.下層のチョコボ厩舎にある井戸にタビュラをトレード
5.準備エリアの次のエリアにいるFilchaflik(入り口付近にいるゴブリン)からテンポラリアイテムをもらう
6.Papeterieを3つ探す
7.Filchaflik(入り口付近にいるゴブリン)に届けてクリア

『必要なアイテム』
・リレイズ系アイテム(魔法リレイズでも可能だけどアイテム系リレイズもあると緊急時に便利)
・プリズムパウダー(同上)
・ジュース数本(衰弱中のリレイズMP確保用に)

『おすすめジョブ』
死ぬ確率が極めて高いので、リレイズのあるジョブがいいです(慣れてくれば一度も死なずにクリアできます)
白サポ狩人などで広域スキャンをつけると、敵の配置がマップで確認できるので安全度が上がります。

『第2営業部でよく使うルーン』
016(静)→【敵の視覚感知範囲を狭めて絡まれにくくなりますが、もらえるマーブルが3減ります】
098(保険の契約)→【戦闘不能時のデスペナルティがなくなるので、練習時には必須ですがもらえるマーブルが21も減ります
100(疾風迅雷の試練)→【達成時の残り時間に応じてマーブルにボーナスがつきます】
101(軟弱地形の試練)→【占有時間が短くなるかわりにもらえるマーブルが3増えます。慣れればこのルーンを付けてても余裕でクリアできます】
103(能力抑制の試練)→【アビリティが使用不可となるかわりにもらえるマーブルが3増えます。学者の人はリレイズが使えなくなるので注意
113(抜け道)→【マップの中(3箇所からランダム)に、ワープ用の井戸と梯子が設置されて行き来できるようになる。マーブル減少が1だけにも関わらず、攻略が格段に楽になるルーン抜け道ルーンは必須かも

他にもマーブルを増やしたり減らしたりするルーンがありますが、難易度も同時に変わるので自分の好みのルーンを付けるのをオススメします。

『ルーン組み合わせ例』
◆練習用【 098+100+113 】
 ・098の保険の契約を付ければ死んでも経験値は減らないので、第2営業部に慣れてないうちは098ルーンを付けて練習しましょう。特殊なダンジョンなので、慣れていないと冗談抜きで死にまくります(マーブルは約10~20)

◆マーブル稼ぎ用【 100+101+103+113 】
 ・慣れてくればクリア時間は5~20分くらいになるので、101の軟弱地形ルーンを付けても問題なくクリアできます(マーブルは約35~50)

『Papeterieを効率的に探すルート』
まず初めにスタート地点から右壁沿いに行き、橋のあるフロアへ出る(PTの場合は慣れていない人が橋へ、慣れている人は左壁沿いへ)

橋の上から下の広場にPapeterieがないかくまなく探す。

橋の先の行き止まりまで探索し、抜け道ルーンのワープ用井戸がないかを確認。

井戸があればどこにワープするか確認(ワープ先の探索は後回しにして戻る)

橋を渡ってスタート地点に戻る。スタート地点から見て左側の道を進む。

マップ南西の2つの広場を探索する(南西奥にワープ用井戸があった場合はそのまま地下へ行き地下を探索する)

中央階段を下りて地下広場へ行って地下を探索する

『モンスターをかわすコツ』
フラン:視覚見破り感知、アビ感知(範囲は通常より狭い?)
 ・動きが遅い&魔法を使うので、たとえ見つかっても逃げることは可能。
  ただ、井戸でワープしてもタゲが切れないことがあるので安心した頃に襲ってくる危険アリ。
  できればサシュオブバグでしっかりとタゲを切っておきたい。

ロボ:視覚見破り感知、魔法感知(範囲は通常より狭い?)
 ・動きは結構素早いものの、パターン化しているので避けやすい。
  巡回ルートが直線的なせいか、ロボの真横に立つとロボの振り返り時に見つからないので、ロボの視線が向いている方向へ行きたい時はロボの真横に立ってやり過ごすことが可能

ゴブ:視覚感知のみ(範囲は通常のゴブと同じ?)
 ・マップ全体を巡回しているため、思わぬところで出くわすことが多い。
  落ち着いてインビジで回避すれば問題はないものの、ロボの魔法感知には注意
  基本的に前へ前へと進むので、いきなり後ろを向くことは滅多にない。

アーリマン:視覚見破り感知のみ(範囲は通常より狭い?)
 ・一番厄介な敵。長い距離を動くことが多く、見つかると牢獄へ飛ばされるので注意が必要。
  特にPapeterieのアイテムを持った状態で殺されると同時に牢獄へ飛ばされると、
  Papeterieのアイテムはアーリマンの巡回ルート付近に落ちてしまう
ので回収がとても厄介になります。
  一番の回避方法は、アーリマンのいる道は通らないようにすることですが、
  Papeterieのアイテムを持った状態でアーリマンのいる道を通らなければいけないときはMMMフレグランスを使うのが一番いいです
  一度攻撃されると牢獄へ飛ばされる厄介な敵ですが、地下の探索が終わっていない序盤にわざとアーリマンに見つかることで、大幅な時間の短縮ができます。アーリマン以外の敵に見つかったときに、わざとアーリマンに牢獄へ飛ばされることでタゲを切るのも有効な戦法です。

ワイバーン:視覚見破り感知のみ(範囲は通常のワイバーンと同じ?)
 ・テンポラリアイテムでタゲを切ることができないので、見つかったら死を覚悟したほうがいいデス。
  広域スキャンで今いる場所をあらかじめ調べておくと安全かも。
  1匹しかいないので、運がよければ全く出会うことなくクリアできます。

巨人:視覚見破り感知のみ?
 ・牢獄の出口を見張る門番。動きは遅い&よく立ち止まるので簡単に背後を通り抜けることが可能。
  だからといって気を抜いてると痛い目みますが……(;´д⊂)

『テンポラリアイテムを使うタイミング』
サシュオブウッド:アーリマンとゴブに有効
 ・ウッドを使ってもアーリマンとゴブがPCの近くまで来ないと完全にタゲを切ることはできないので注意
  使い勝手が悪いので、あまり使うことはないかも。Filchaflik(入り口付近にいるゴブリン)から何度ももらえます
  Papeterieを持っている時に、アーリマンをやり過ごす時には便利。

サシュオブバグ:ロボとフランに有効
 ・Filchaflik(入り口付近にいるゴブリン)から何度でももらうことができるし、Forcer箱から手に入れることができるので気兼ねなく使いましょう。
  自分は序盤の階段近くの □=□ ←この形の広場を通り抜ける時にいつも使っています。
  バグを使ってもロボとフランはPCの近くまで来ないと完全にタゲを切ることはできないので注意

MMMフレグランス:全ての敵に有効(ただし60秒間&すでに絡まれている敵には効かない)
 ・MMM突入後、一番最初にFilchaflik(入り口付近にいるゴブリン)に話しかけた人だけが1度だけもらえるアイテム
  持ってる人が死ぬともう使うことができないので、持ってる人はとにかく死なないようにすることが大事です。
  Papeterieアイテムを持った状態でアーリマンの前を通らなければならない時や、たくさんの敵の前を足が遅い状態で通り抜けなければならないときに使うことをオススメします。

*注意*
サシュオブバグやサシュオブウッド、MMMフレグランスなどのテンポラリアイテムは死ぬと消えてしまいます
Papeterieや???のアイテムは死んだ場所付近に落とすので、拾いなおすのを忘れずに(゜Д゜)!

『その他色々』
・アイテムを取ると足が遅くなってしまうので、Papeterieを3つ全て見つけるまではアイテムは何も取らないで探索を優先したほうがいいです

・Papeterieのアイテムは捨てると足元に落ち「???」化します。ちょっとの段差であれば段差ごしに拾うことが可能なので、階段の途中で下に置いたあと、ある程度進んでから段差越しに取り直すのもアリです。

・おたからポイントがたまっていると、その分もらえるマーブルは増えます(6たまっていればマーブル+120~+150

・Papeterie以外の???から取れるアイテムをFilchaflik(入り口付近にいるゴブリン)に渡すと、戦利品が増えます(Papeterie以外のアイテムを渡さないと戦利品アイテムはもらえないかも)。1個2000ギル~3000ギルのアイテムが2個~5個くらい出るので、第2営業部は小銭稼ぎにもなります。

・抜け道ルーンのワープを使っても、敵のタゲは切れないことが多いです(戻った時に襲われる)

牢獄の出口のハシゴからはサシュオブバグとサシュオブウッドが何度も取れますかなり便利なので、覚えておくと吉です。

PR



【モブリンメイズモンガーで経験値稼ぎのポイント】

『参加条件』

*アルタナインストールが必須です。
ただし突入前にやっておかなければならないことや必要なアイテムはないです。
リーダーのみタビュラが必須

『突入からクリアまでの流れ』
1.パーティ編成
2.シグネットや経験値指輪、アイテムなどの準備
3.タビュラを作成、または下層H-9にいるDuplidocから人のタビュラを500ギルでコピー
4.リーダーが下層のチョコボ厩舎にある井戸にタビュラをトレード
5.戦闘前にレベルシンクやプロシェル、リレイズなどの準備をする
6.敵を倒してダンジョンの奥まで進む
7.最後の敵からポップした宝箱を開けて経験値をゲッツ(σ´∀`)σ

『必要なアイテム』
・通常の食事
・経験値指輪(MMM内では普段よりも経験値ボーナスが+1000近く増えます)
・リレイズ系アイテム(低レベルはレイズがなくなることがあるので必須、最後の箱開け時に死んでいると経験値がもらえません
・後衛はジュース数本(編成次第で3~8本ほど)

『駆除部1課でよく使われるルーン』
001(アクアン)→【アクアン系を出現させる。低レベルで突特化PTじゃない場合に】
003(バード)→【バード系を出現させるので突特化PTにオススメ】
014(小兵)→【小さめのモンスターを出現させる。効果はランダムっぽいのでたまにデカイのも出る】
016(静)→【待ち伏せ型のモンスターを出現させる。モンスターをより細かく設定したいときに】
017(偉力)→【敵のLvを上げる(通常はPT内の一番Lvの低い人が基準になる)】
018(強力)→【敵のLvを上げる(偉力よりも上げ幅は小さい)】
019(微力)→【敵のLvを下げる(ソロや少人数PT向け)】
102(四面楚歌の試練)→【敵の数を増やす。火力がないPTの場合はこのルーンは外したほうがいいかも】
108(修行の契約)→【最終的にもらえる経験値をアップさせる。できれば持っておきたい】

『ルーン組み合わせ例』
◆ソロまたは少人数PT【 001+003+014+019+108 】
 ・019の微力をつけることで、敵の強さは「丁度」以下になります。019を外せば「おなつよ」~「強い」表示になるので2人か3人PTの場合は019のみを外すか、102の四面楚歌を付けて敵の数を増やすと丁度いいかも(経験値は約2000~3000)

◆Lv70以下通常PT【 001+014+017+102+108 】
 ・バード系は低レベルにはきついWSを撃ってくるので、突特化PTでなければ001のアクアン系もアリ。MMMはとにかくクリア優先なので、編成によってはレベルシンクを途中で解除して殲滅する必要あります(経験値は約3000~8000)

◆Lv70以下突特化PT【 003+014+017+102+108 】
 ・突特化ならバード系のみでOK。コカの邪視は背中を向けることで対処も一応可。Rocが出てきた場合はシンクを解除してRocだけ掃除しないとPT編成によってはキツくなる可能性も(経験値は約4000~8000)

◆Lv70以上通常PT【 001+003+014+017+018+102+108 】
 ・Lv70以上あたりになると017の偉力ルーンだけでは敵が弱く感じるので、018の強力ルーンもつけないと経験値が思ったよりも伸びないっぽい(経験値は約6000~10000)

◆Lv75の3人PT【 001+003+014+017+102+108 】
 ・018の強力ルーンを外せば、Lv75の3人だけで少人数メリポが可能?(経験値は約6000~9000)ただし、装備やメリポ状況によるので、できれば4人以上が安全。

*注意*
017と018の二つのルーンがセットになったタビュラはLv70以上じゃないと敵が強すぎてキツイです。
人のタビュラをコピーするときは付いてるルーンをしっかり確認すること(゜Д゜)!
また、攻略レベルによって敵の強さに変化があるので注意が必要です(Lv35以下だと同じルーン設定でも敵が弱く感じて楽に)

『推奨パーティ編成』
駆除部1課ではクリアさえできれば取得経験値にはあまり差がでないので、特に必須というジョブはありません。基本的に前衛3+後衛3のようにバランスのいいPTならなんでもOKですが、時間切れになるともらえる経験値が激減するので、アタッカーはできるだけ多いほうがいいです。前衛4+後衛2でも回復は足ります。ただ、前衛4+中衛1+後衛1だと若干回復が足りないかも。
前衛は空蝉が使えないと被ダメージがきついので、盾ジョブ以外は低レベル帯でもサポ忍で
精霊PTはヒーリングする時間が少なくて時間切れになる可能性が高いのでオススメしません。
レベルシンクPTで攻略中にどうしても時間が足りなくなるようだったら、途中でレベルシンクを解除して殲滅しても問題無しデス(経験値はシンク解除で倒した分だけ減ります)
Lv75の少人数PTの場合は、前衛+中衛+後衛の編成でいけるようです。

『おすすめジョブ』
竜騎士:バード系ルーンを付けたときに頼もしいデス。
狩人:バード系ルーンを付けたときに頼もしいデス。
召喚士:敵は固まっていることが多いので、ペット釣りが有効。サポ召喚でも可。
コルセア:コルセアズロールで経験値が普段より多くもらえるようになります。ライトショットも○。
吟遊詩人:敵がリンクしやすいので、ララバイが心強い。

『レベルシンクを解除するタイミング』
レベルシンクをして攻略している場合、残り時間と相談してレベルシンクを解除してクリアを優先したほうがいいケースが多々あります。MMM経験値稼ぎでリーダーをやる際には、突入時間をサチコメにメモしておくなどして時間管理をしっかりしておくことをオススメします。

・最初の10分が経過した段階で一番最初のForcer箱がすでに出現していれば最後まで問題なくクリアできるPT編成です。
・15分経過時にドーナツ部屋の敵を半数近く倒せていない場合はレベルシンク解除を視野に入れたほうがいいです。
20分経過時にドーナツ部屋の敵がまだ残っているようなら、レベルシンクを解除したほうがいいです
 シンク解除後、ある程度敵を減らしてから再度レベルシンクすれば安全。

敵のLv帯や自分のPT内で高Lvの人がどれくらいいるかによって、レベルシンクを解除するタイミングは変わるので、臨機応変にやっていきましょう。

MMMについて何か質問ありましたら、遠慮なくどうぞですヽ(´ー`)ノ






自分である程度ダンジョンを作ることができるモブリンメイズモンガー(略してMMM)ですが、覚えることが多くて活用してる人が少ないのがとっても残念。うまく活用すれば他のコンテンツに負けない魅力があるので、今回はそのMMMの有効的な活用方法を記事にしたいと思いマスヽ(´ー`)ノ

まずはMMMで作れるダンジョンの大まかな種類(バウチャーで変更可能)を紹介。
基本的なシステムなんかについては↓ココのFF11wikiを参考にしてください(゜Д゜)
http://ff11wiki.rdy.jp/-910373974.html

・バウチャー01駆除部1課:敵を殲滅しながら進んで行く→【経験値稼ぎに最適】

・バウチャー02駆除部2課:押し寄せてくるモンスターを殲滅する→【ガチメリポに最適?】

・バウチャー03駆除部3課:区画を移動しながらモンスターを殲滅する→【おそらくソロ経験値稼ぎ用】

・バウチャー04納品課:敵や採掘ポイントなどから素材を入手し、合成機械で合成する→【低レベル合成スキル上げ用】

・バウチャー06第2営業部:Papeterieの中にあるアイテムを3つゴブリンに渡す→【マーブル稼ぎに最適】

・バウチャー07傭兵課:NM1体を倒す→【MMMでしか出ない装備品収集用】

今のところこんなところで……

・経験値稼ぎ、メリポ稼ぎには駆除部1課がオススメです。PT編成次第ですが
 どのレベル帯でも経験値を30分で約8000ほど(経験値指輪を使えば10000超)稼げます
 また、敵の種族を指定できるので狩場を探したり移動する手間がないので、MMMはとても便利なのです。

タビュラのトレードはリアル1日に1回のみですが他の人のトレードなら何度でも参加可能なので、コピータビュラを活用することでMMMで経験値稼ぎをすることが以前よりも格段に簡単になりました。

・ガチメリポ編成なら駆除部2課のほうがいいかもしれませんが、慣れないうちはおすすめしません(´ー`;

・ソロで経験値稼ぎをしたい場合は駆除部1課よりも駆除部3課のほうが失敗するリスクが低くなるのでいいかも。
 ソロでも30分で約1000~3000は稼げると思います。ただ、駆除部3課は種族指定ルーンが無効……

・ルーン交換用のマーブル稼ぎには第2営業部がオススメです。約10分~20分ほどで40マーブルほど稼げます
 おたからポイントが6たまっていれば、1回で約160マーブルも稼げます
 第2営業部は戦利品で3000ギル程度のアイテムを2~5個ほど取れるので、小銭稼ぎにもいいです。

・納品課では合成スキルが上がることもありますが、滅多に上がらない&失敗することが多デス。

・傭兵課は欲しい装備品がある人用です。6人PT推奨です。
 




オレンジ ハッピー ヴァナディール !!
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[07/16 Mavis]
[07/01 S樽]
[06/30 猫]
[06/21 名称未設定]
[04/02 S]
最新トラックバック
権利表記
当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。

Copyright (C) 2002-2009 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
プロフィール

イラスト:はるぅ
HN:
Hなヒューム(仮名)
性別:
非公開
QRコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
忍者ブログ [PR]